かかりつけ医を見極める

本当にその病院合ってる?

医療機関による待遇の違い

私の友人は妊娠しても初期の早い段階で流産を繰り返していました。初めての妊娠が判った時は自宅近くの個人クリニックに診察を受けに行っていたのですが、何度目かの流産を繰り返したあとは、不妊治療も兼て大きな総合病院に病院を変えていました。彼女が通っていた個人クリニックは自宅から近いというものの、地元ではかなりの評判のクリニックで個人クリニックながら設備は最新式のものを取りそろえていたようです。しかし、病院が小さいこともあり、診察室に入った人の診察内容なども聞こえてくることがあったのだそうです。経過が何の問題もない妊婦さんの診察内容が聞こえてくるのはそこまで気分を害すものではありませんが、中には流産の報告を受けている妊婦さんもいます。そういった内容の言葉がきこえてくることにも不快感を感じたのだそうです。大きな病院では施設が広いだけあり、ほかの人の診察内容が外に漏れ聞こえるようなことはなかったようです。
しかし、総合病院は総合病院ならではのデメリットもあったようです。思った日に予約がとりづらいということ、そして、診察のある日は半日ぐらいは時間を取られてしまうということだったようです。無事に妊娠して出産することができたのですが、逆子だった為に帝王切開での出産となりました。総合病院では帝王切開の妊婦への経過の見方も個人クリニックとは全く違っていて、痛みが少なくなるようにと痛み止めなども施してくれたようです。入院期間は二週間もありました。私は個人クリニックで帝王切開で出産しましたが、翌日から歩かされ、痛み止めはなし、退院したのは五日後でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です